/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

GASMASK

LIVE LIFE HARD.

ビットコインFXレバ脳死ロング

筆者:ガスマスク(@GVSMASK)

f:id:GVSMASK:20180224094924j:plain

2017年は仮想通貨飛躍の年となった。
Twitterでは億り人報告が相次ぎ、まさに今そこにあるバブル。
乗るしかない、このビッグウェーブに。

1/7 (7日目) 原資比318%
1/14(14日目)原資比97%
1/21(21日目)原資比160%
1/28(28日目)原資比160%
2/4 (35日目)原資比101%
2/11(42日目)原資比53%
2/18(49日目)原資比175%
2/24(55日目)原資比205%【企画終了】

開始から55日目でbitFlyerのSFDに対応できず企画終了。
終わってみれば、最初の一週目が最も利益が出ているという非常に残念な結果になった。
必ず戻ってきて企画を再始動させたい。
現在はBitMEXへ一時移行中。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

INDEX

なぜFXレバ脳死ロングなのか

まず、なぜ脳死ロングなのか。
例えば、1年前、2017年1月1日のビットコイン価格は121,200円。
それに対して、今年の最高価格は12月7日の2,298,500円。
驚異の約19倍の大暴騰だ。
12万円突っ込んで気絶しているだけで、230万円近くになる方法は他にはない。

そして、なぜレバレッジを掛けるのか。
今回の企画では、レバレッジの複利効果を享受したいと考えている。
例えばビットコイン価格10万円の時に10万円の証拠金でレバレッジ10倍で10ビットコイン、つまり100万円分購入したとしよう。
その後、価格が10%上昇し11万円になったとする。その時、現物で保有している場合は利益は1万円だが、レバレッジを掛けている場合の利益は10万円。
今回の企画ではその利益10万円でさらにビットコインを買い増しするつもりだ。
すると20万円の証拠金で20ビットコイン近く運用することになる。さらに10%価格が10%上昇したら…
それがレバレッジを掛けて運用する理由だ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ルール

とはいえ、レバレッジを掛けて運用するのはあまりにも危険すぎる。
利益が大きいということは、損失もまた大きいということ。
そのため、今回の企画ではいくつかルールを定めたいと思う。
これらのルールは厳しくなっても、緩まることはない。
ちなみに前提条件として、BFFXの設定はレバレッジ15倍だ。

証拠金10万円スタート

あまりにも危険すぎるので、本当に無くなってもいいお金で運用するつもりだ。
10万円ならば大卒初任給の半分程度、学生でもアルバイトすればすぐに稼げるお金だ。
仮に証拠金全てがロスカットされても悔しいで済む話だろう。
夢を買うには十分な金額だ。

レバレッジ5倍

価格が上昇したら証拠金維持率300%、つまりレバレッジ5倍になるまで買い増しする。
シンプルな話だが、今回の企画の肝だ。
レバレッジ5倍というのはあまりにも危険なので、今後3倍程度まで落とすことは考えている。

証拠金維持率250%でロスカット

強制ロスカットを食らったら復帰できないのでSTOP注文を使って自分でロスカットラインを設定する。
維持率250%というのも危険な話なので、引き上げることを考えている。

ショート禁止

ショートは禁止とする。
明らかな下落トレンドでも絶対にショートしない。
つまり、証拠金維持率250%になってロスカットされるまで利確できない。
暴落が起きた場合は過去の事例を参考に30-40%下で指値注文して放置する。

現在の成績

今後、週に1回程度、この記事を更新して報告していくつもりだ。

スタート前

f:id:GVSMASK:20180224094927p:plain

正真正銘の証拠金10万円スタート

1/1(初日)

f:id:GVSMASK:20180224094934p:plain

1,800,000円で0.27BFX新年初ロング
年明けした瞬間の乱高下が凄まじく、とても手を出せる状況ではなかったので、15分ほど待ってから購入。
ロングした瞬間に下落したため、気絶するように就寝した。

年末年始ということもあり、税金対策の利確が増え、銀行休業日で追加投資ができない人が多いことを考えると、下落トレンドとなることが大方の予想だ。
また、BFFXの現物との価格乖離問題も解消していないため、BFのアナウンスひとつで暴落する危険性も孕んでいる。
本当は1月中旬くらいからスタートしたいのだが、1月1日開始という企画の面白さを優先して、下落トレンドの中でスタートする。

1/7(7日目)

f:id:GVSMASK:20180224094938p:plain

企画開始7日目にして原資比318%
リップル等の最近高騰した銘柄の利確によるBTC買いが大きい。
USDTが米国内で実質的に禁止されたことにより、BTCの基軸通貨としての価値が注目されてきていることもあるかもしれない。
明確な上昇要因が無くても上昇トレンドを作ってしまうBTCの強さを改めて感じた。

1/14(14日目)

f:id:GVSMASK:20180224094942p:plain

完全な下げ相場に突入したため、無限にロングすることで無限に存する状況に突入してしまった。
瞬間的な大暴落しか想定せずに企画を始めてしまったことが露呈してしまう。
ロングする基準を作らない限り、企画倒れしてまうため対策を講じたい。
MACDがゴールデンクロスする、もしくはパラボリックSARが陽転するかで試してみて新たなルールを定めたい。

1/21(21日目)

f:id:GVSMASK:20180224094949p:plain

下げトレンドからのSFD導入発表で地獄相場に突入。
ストップ注文を入れていたため、初期の段階で無事に損切することができた。
暴落後は当初の予定通り、暴落前価格30-40%下の1,200,000-1,300,000円で指値を入れた。
本日の下げで維持率250%を下回ったためロスカットしてしまったが、最大300,000円幅で利確することができた。
今後SFDが導入されれば悪材料が出尽くし、上昇トレンドを形成すると見込んでいるため、次回のロングはそれからにしたい。

1/28(28日目)

f:id:GVSMASK:20180224094954p:plain

結局、今週はSFDが導入されなかったため一度もポジションを持たなかった。
そのおかげか、コインチェックの世紀の盗難事件も影響なし。暴落にもご祝儀相場にも絡まなかった。
来週の月火水のどこかでSFD導入が発表されることを信じたい。

2/4(35日目)

f:id:GVSMASK:20180224094959p:plain

相変わらず長期的下落トレンドは続き、いつが底なのか全くわからないままロスカットし続けている。
短期的にはCCの営業再開が底となるだろうが、それから上昇する材料は今のところない。
営業再開の発表で投げ売りが始まると見込んでいるため、ロングは営業再開後になるはずだ。

2/11(42日目)原資比53%

f:id:GVSMASK:20180224095004p:plain

下落トレンドは転換したものの、不安定な相場が続いたため、トレンドに反して損失は膨らみ、ついに元本割れとなった。

2/18(49日目)原資比175%

f:id:GVSMASK:20180224095010p:plain

90万円台からロングし続けてようやく調子が出てきた。完全にトレンドが転換したため、まずは一安心といったところ。
一方で、現物との乖離は開き続け、ついにSFDが発動された。
乖離10%付近で攻防が続けられているため、今までとは全く違うルールで短期相場が動いている。
セオリーが確立されるまでは、ロングはしづらい状況が始まるだろう。

2/24(55日目)原資比205%

f:id:GVSMASK:20180224095018p:plain

SFDが導入されて以降、ゲームセオリーが全く変わってしまった。
Botが取引を独占する市場となり、マニュアルでは手数料を取られるだけとなった。
あまりにもやり辛いので、一時BitMEXに移行したい。

SFD問題が根本的に解決したら戻ってくる予定だ。
とはいえ、昨年の12月から3ヶ月以上も進展がない、というより悪化する一方である以上いつになるかわからない。
bitFlyerのUIは使いやすいし、日本の取引所であるだけに情報も入手しやすく、円建て表示も分かりやすい。
本当に使いやすい取引所なので、必ず戻ってきて企画を再始動させたい。


損益履歴
f:id:GVSMASK:20180224095013p:plain

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で